艦これアーケード/街道・水路歩き たけやん/ひなたの日記帳

ゲームプレイ&探索記録と考察を少々

備前渠用水 備前渠樋門(備前渠第三樋管)~小山川 - 一級河川 備前渠川

 前回は備前渠第一樋管頭首工~備前渠樋門(備前渠第三樋管)の区間-利根川堤外水路でしたが、今回からは堤内地となります。

 川の名前を調べる地図 より引用・加工
2019-12-27 (1)
 ④備前渠樋門(備前渠第三樋管)吞口/吐口 埼玉県本庄市久々宇
PC200042.jpgPC200043.jpg
 利根川堤外の備前渠用水分水工で御陣場川と分かち、備前渠樋門(備前渠第三樋管)で利根川堤防を越えて堤内地へ至ります。備前渠樋門(備前渠用水元圦)は明治20年(1887年)に当地に建設(下流部の本庄市仁手より移設)され、昭和5年(1930年)の備前渠第一樋管頭首工完成まで、この地が備前渠用水の元圦でした。

 利根川堤内の備前渠樋門吐口の傍らの2基の記念碑 同地 
 左:備前渠用水改良工事竣工記念碑(昭和42年建立)と、右:国利茲興(昭和5年建立)
PC200044.jpg
 当地から山王堂の備前渠第一樋管頭首工へ元圦が移設された際の記念碑が国利茲興碑で、昭和42年に竣工した県営灌漑排水事業による現在の水利施設が新設された際の記念碑が備前渠用水改良工事竣工記念碑です。

 元圦付近の備前渠用水 備前渠橋上流/下流
PC200049.jpgPC200047.jpgPC200048.jpg
 上流部の工事のせいか取水を行っておらず、川底が露出した状態となっておりますが、一級河川備前渠川です。5月の連休頃の灌漑期にもう一度訪れてみたいですね。

 備前渠第一樋管頭首工(本庄市山王堂)付近の水利施設の掲示板
PC200015.jpg
PC200015 (2)
 掲示板によれば本来は非灌漑期にも取水が行われているはずです。

 ⑤あずま橋 本庄市仁手
 一級河川 備前渠川 管理起点 
PC200062.jpg
PC200061.jpgPC200063.jpg
 文字が判読し難いですが、表には縦に
 一級河川
 備前渠川
 裏には
 埼玉県
 と、あります。④備前渠樋門(備前渠第三樋管)から2㎞程下流ですが、明治20年(1887年)以前の元圦がこの仁手の地にあったためでしょう。

 歴史的農業環境閲覧システム 迅速測図/国土地理院地図
2019-12-27 (5)
 凡例:旧備前渠樋門 旧堤内地元圦
 現在のあずま橋付近が利根川堤外地から堤防を越える元圦が設けられた場所となります。利根川から取水していた樋菅は現在の本庄第一中学校のあたりです。

 国土地理院地図 治水地形分類図
2019-12-27 (6)
 往時の利根川乱流地帯ですので旧利根川流路と自然堤防を利用して備前渠用水を掘削したようですね。
 備前渠開削当時、烏川が利根川へ合流する地点は当地(本庄市仁手)で、元圦を設けて取水していましたが、寛保2年(1742年)に洪水により烏川の流路は変わり元圦が破壊されてしまいました。その後、明和4年(1767年)の洪水では用水路に壊滅的な被害を受け、更に天明3年(1783年)の浅間山の大噴火で利根川から火山灰が大量に流入し用水路が埋没、加えて利根川の河床が火山灰や溶岩の堆積によって大幅に高くなります。
 これに対する復旧工事が寛保2年(1742年)に岡山藩、明和4年(1767年)に広島藩による御手伝い普請が行われ、天明3年(1783年)には、幕府による御入用普請(幕府の工費全額負担)が行われましたが、溢水被害の危険性から寛政5年(1793年)に幕府により備前渠用水の元圦は閉鎖されてしまいました。閉鎖(取水禁止)期間は35年間に及び、流域は米の不作に苦しむ事になりました。
 近代に入ってから、明治2年(1869)には、岩鼻県(上野国、武蔵国内の幕府領・旗本領による県)による備前渠用水の元圦位置変更計画等が立案され、後の元圦移設の基礎となります。こうして何度も災害に見舞われ、新たな取水口を求めて上流へと遡る事となります。備前渠用水の取水口は利根川と烏川の乱流域に位置するため、現在の取水形態が確立するまでには二度の大掛かりな変更工事が実施され、現在の備前渠第一樋管頭首工(本庄市山王堂)は開削当初元圦である当地から、およそ4Kmも上流に移設されています。

 ⑥小山川(こやまがわ)合流地点 深谷市町田
 手前:備前渠川 奥:小山川
PC200067.jpg
 小山川と合流し、一級河川備前渠川はここで終点です。
PC200065.jpg
 小山川には固定堰が設けられていますね。上流部の用水への導水目的ですが、伊奈氏(関東流)でよく用いられる手法です。
 下流域は小山川となり、1㎞下流の矢島堰まで共通区間となります。既存の河川を用水路として活用し、工数を削減する手法は伊奈忠次(関東流)では葛西用水の古利根川、井沢弥惣兵衛(紀州流)の見沼代用水の星川のように江戸期の用水掘削工事ではよく用いられた手法です。

 本日のお昼
 深谷葱の薬味たっぷりの蕎麦(2種)と深谷葱のかき揚げ丼
PC200064.jpg
 かき揚げの葱と小エビの相性が抜群でした。

 葱畑と土壌 深谷市血洗島
PC210080.jpgPC210081.jpg
 深谷と言えば葱が名産ですが、利根川と赤城おろしの風が運ぶ砂による砂州は、水はけが良く、田んぼには向きませんが葱や根菜類の栽培には向いていますね。血洗島と言えば渋沢栄一の出身地ですが、次回紹介します。
関連記事
コメント : 0

コメント