艦これアーケード/街道・水路歩き たけやん/ひなたの日記帳

ゲームプレイ&探索記録と考察を少々

『第肆回 期間限定海域:決戦!鉄底海峡を抜けて!』後段作戦-EO開始前-攻略総括

 4月19日(木)より『第肆回 期間限定海域:決戦!鉄底海峡を抜けて!』のExtra Operationが開始されますが、皆さんの準備状況はいかがでしょうか。4月17日1400現在のadmiral-statsさんの登録者の甲作戦-後段海域突破率は44.8%となっています。いずれ突破率は上がると思いますが、前回イベントの索敵機発艦始め!が72.1%、前々回の南方海域強襲偵察!が57.5%ですので、やはり、難易度が高いようです。前段、後段作戦の難易度、周回安定性から、甲作戦 Extra Operationがランカーの戦果稼ぎのメインとなると想定しています。ライバル同士の共闘とは胸熱ですね。
 Extra Operationが開始する前に後段作戦各海域の攻略法について総括しておきます。胸を張って攻略法の講釈をできるレベルではありませんが、たけやんの日記帳にお付き合い頂けると幸いです。

作戦海域:甲作戦E-4 敵増援を叩け!
正規空母または軽空母2隻以上、軽巡または駆逐2隻以上で出撃
 序盤海域ですので問題ないと思いますが、慢心すると勝利を逃します。気を引き締めていきましょう。

敵編成
1 増援任務部隊:軽巡ヘ級flagship1、重巡リ級elite2、軽巡ヘ級elite1、駆逐ハ級elite2
2 潜水艦隊:潜水6(ソ級基幹艦隊)
3 護衛空母群:軽母ヌ級flagship3、重巡リ級flagship1、駆逐ハ級flagship
4 機動部隊主力隊:南方棲鬼、護衛要塞5

E-4 編成、地図
編成
島風:10cm高角砲+高射装置、13号対空電探改、三式爆雷投射機
夕張:10cm高角砲+高射装置、14号対空電探、三式水中探信儀、三式爆雷投射機
鳥海:SKC34 20.3cm連装砲 、8cm高角砲 、12cm30連装噴進砲、零式水上観測機
摩耶:20.3cm(3号)連装砲、8cm高角砲 、12cm30連装噴進砲、零式水上観測機
瑞鶴:彗星十二型甲、彗星十二型甲、震電改、彩雲
翔鶴:彗星十二型甲、彗星十二型甲、烈風改、烈風改
対空カットイン期待値:100% 制空値:172

 昼戦です。モチーフは第二次ソロモン海戦でしょうか。駆逐-軽巡に対空カットイン装備を積むと対潜装備がソナーまで積む余裕が無く敵潜水艦の殲滅は困難です。上手く旗艦を発見してゲージ破壊に貢献したいところです。被弾により撤退するリスクを回避するならガン逃げでも良いと思います。ボス戦で護衛空母群と挟撃の態勢を取らずに各個撃破するのが勝利の鍵です。
 制空値310で制空権確保できているので敵制空値は103以下と確認できています。制空値155以上で航空優勢です。全て烈風で運用するなら、上記編成の瑞鶴の彩雲を烈風に換えれば制空値:164となり航空優勢となります。
 ここで躓くようであれば次のE-5クリアは望むべくもありません。

作戦戦海域:甲作戦E-5 鉄底海峡を抜けて
戦艦または航戦2隻、駆逐1隻以上
 モチーフは第三次ソロモン海戦でしょう。恐らくここが最難関となる「ソロモンの悪夢」です。適切な編成装備と練度、攻略法が分かっていても操艦練度(習熟)が無いとクリアに骨が折れます。自力クリアを目指す方は闇雲に同編成、装備で攻略せず、良く検証することをお勧めします。どう見ても無理な編成で突破を目指す提督を見かけます。

敵編成
1 任務部隊:駆逐ナ級2、軽巡ヘ級flagship1、駆逐ハ級elite2
2 最終阻止線:戦艦タ級flagship1、戦艦ル級flagship2、軽巡ヘ級flagship1、駆逐ナ級2
3 敵主力艦隊
(1)超弩級戦艦艦隊:戦艦棲姫、戦艦ル級改flagship2、戦艦ル級flagship1、軽巡ヘ級flagship1、駆逐ハ級flagship1
(2)伏撃部隊戦艦艦隊:戦艦棲姫、戦艦タ級flagship2、重巡リ級flagship1、軽巡ヘ級flagship1、駆逐ハ級flagship1
 
クリア動画:E-5 鉄底海峡を抜けて! 甲作戦突破

 編成
P4060005.jpg
伊19: 61cm五連装(酸素)魚雷、甲標的
伊58:61cm五連装(酸素)魚雷、甲標的
伊168:61cm五連装(酸素)魚雷、甲標的
島風:53cm艦首(酸素)魚雷、 61cm五連装(酸素)魚雷、22号対水上電探改四
日向:46cm三連装砲、試製41cm三連装砲 、新型高温高圧缶、瑞雲(六三四空)
伊勢:46cm三連装砲、試製41cm三連装砲 、新型高温高圧缶、試製晴嵐

 夜戦です。第三次ソロモン海戦モチーフですが昼戦勝負です。
 伊勢日向の新型高温高圧缶は速度上昇よりも回避を期待をしての装備です。艦隊速度も潜水艦3の起用で機動力は放棄していますので、無理に高速戦艦を選ぶ理由はありません。回避は99と素のLv99雪風、島風と同値です。ケッコンカッコカリ後のステータス上昇値はLv1-99の初期値が低く最終値が高い方がケッコンカッコカリ後のステータス上昇値が高い特性の効果です。瑞雲、晴嵐の装備は軽巡ヘ級flagship、駆逐ハ級flagshipあたりの撃沈を期待しています。
4番艦~6番艦が警戒陣では警戒艦となります。参照データ:各陣形の効果 警戒陣の特性からするとこの順序が良いはずです。
 E-6の投稿動画編成の単縦陣
島風:53cm艦首(酸素)魚雷、 61cm五連装(酸素)魚雷、22号対水上電探改四
日向:46cm三連装砲、試製41cm三連装砲 、新型高温高圧缶、瑞雲(六三四空)
伊勢:46cm三連装砲、試製41cm三連装砲 、新型高温高圧缶、試製晴嵐
伊19: 61cm五連装(酸素)魚雷、甲標的
伊58:61cm五連装(酸素)魚雷、甲標的
伊168:61cm五連装(酸素)魚雷、甲標的
 も火力、機動力に優れ、お勧めです。だだし、被弾すれば即大破です。艦隊練度と自身の技量と相談となります。
上記動画時点では潜水艦Lvが50台ということもあり、雷撃不足を感じていました。後にLv80台で挑んだところ、かなり安定性が増しています。道中2戦までとし、弾薬ぺナルティによる火力低下は避けて下さい。
 潜水艦旗艦の艦隊運用ですが低速対策-疲労抜き:ひいては命中対策にに着意してください。
潜水艦を旗艦にすると近距離で即雷撃発動するのがメリットですが、潜水艦が旗艦でなくてもやり方次第ではほぼ同様の攻撃が可能です。以下が参照動画になります。
検証動画:潜水艦お祈り撃破
E-5 鉄底海峡を抜けて!-海域突破-駆1戦2潜3-単縦陣

 潜水艦実装から日が浅く、練成をしていないどころか邂逅すらしていない提督もいる事でしょう。私も5-3攻略検証をしていなければ伊168、58、19の改はおそらく全種類までは所持していなかったと思います。
 そこで、従来のカード資産でクリアする方策を検証しました。機動部隊編成(のつもり)です。
島風:61cm五連装(酸素)魚雷、61cm五連装(酸素)魚雷、53cm艦首(酸素)魚雷
大井:15.5cm三連装副砲、甲標的、 照明弾
伊勢:46cm三連装砲、15.5cm三連装副砲、新型高温高圧缶 、試製晴嵐
日向:46cm三連装砲、15.5cm三連装副砲、新型高温高圧缶 、瑞雲(六三四空)
蒼龍:流星改 、流星(六〇一空)、流星改、流星改
飛龍:流星改 、流星改、流星改、天山(六〇一空)
検証動画:機動部隊
E-5 鉄底海峡を抜けて! 駆1雷1航戦2空2戦艦棲姫W撃破
E-5 鉄底海峡を抜けて! 駆1雷1航戦2空2ゲージ破壊
 敵制空値は「0」ですので艦攻ガン積です。流星(六〇一空)は流星改の上位互換なので最大スロへ、天山(六〇一空)は雷装+10ですが、他のステアップに期待して最小スロに搭載です。触接発生条件は満たしていますが、発生率は低いです。弾着観測射撃を期待するならば彩雲や零式水上観測機 を装備したほうが良いでしょう。
 ケッコンカッコカリによる生存性に期待して、伊勢日向、蒼龍飛龍の起用です。速度、艦載機搭載数を考慮すれば金剛型改二、翔鶴瑞鶴でしょう。
 副砲装備で至近弾発生と命中向上を狙います。割と効きますが、ボタン連打で操艦が雑になるのがネックです。(修行不足です)
 戦艦棲姫は回避が高く、大井のFuMO25 レーダーを外すと砲撃を外すことが頻発します。島風の雷撃も怪しいですので水上電探装備の方が良いかも知れません。夜戦での決着を想定していますので効果は限定的ですがデメリットのない照明弾を大井に装備しています。夜戦での回避に特に効果を発揮します。
 前イベントでもそうでしたが大破後にボスへの与ダメージが下がる「謎バリア」が発生します。止めは一斉射撃ボーナス、カットインを考慮して下さい。これはE-6も同様です。

作戦海域:甲作戦E-6 決戦!南方海域鉄底海峡
出撃制限なし

敵編成
1 前衛艦隊:軽巡ヘ級flagship2、軽巡ヘ級elite2、駆逐ロ級flagship2
2 遊撃艦隊:軽巡ヘ級flagship1、軽巡ヘ級elite3、駆逐ロ級flagship2
3 任務部隊:空母ヲ級flagship1、軽巡ヘ級flagship2、駆逐ロ級flagship3
4 主力艦隊
(1)南方主力艦隊:南方棲戦姫1、護衛要塞5
(2)南方守備部隊:装甲空母姫1、浮遊要塞3
編成
E-6 地図、編成空母2
大井:10cm高角砲+高射装置、FuMO25 レーダー、甲標的
北上:10cm高角砲+高射装置、14号対空電探、甲標的
鳥海:SKC34 20.3cm連装砲 、8cm高角砲 、12cm30連装噴進砲、零式水上観測機
摩耶:20.3cm(3号)連装砲、8cm高角砲 、12cm30連装噴進砲、零式水上観測機
翔鶴:彗星十二型甲、彗星十二型甲、烈風改、烈風改
瑞鶴:彗星十二型甲、彗星十二型甲、震電改、烈風(601空)
対空カットイン期待値:100% 制空値:210

検証記録
new!E-6 決戦!南方海域鉄底海峡 雷2重2空2制空値210

 モチーフは南太平洋海戦のような気もしますが、ifシナリオのような感じですExtra Operationにストーリーが繋がる感じでしょうか。昼戦、出撃制限なしと自由度が高く、E-5をクリアした提督ならクリアできるはずです。ただし、耐久が南方棲戦姫950、護衛要塞283と半端ではありません。航空攻撃は対空カットインで無効化できますので砲撃回避が要点です。空爆と雷撃は効果有りですが砲撃が今一つダメージが与えられません。空爆と、ケツ魚雷、同時弾着&魚雷貫通攻撃がダメージ源となります。
 敵制空値115-140を確認しています。そこそこ空爆でダメージを与えられますが、制空戦を仕掛けず艦爆ガン積でも良いかも知れません。
編成
摩耶:20.3cm(3号)連装砲、53cm艦首(酸素)魚雷、8cm高角砲 、12cm30連装噴進砲
大井:10cm高角砲+高射装置、FuMO25 レーダー、甲標的
北上:10cm高角砲+高射装置、14号対空電探、甲標的
伊58: 61cm五連装(酸素)魚雷、甲標的
伊168:61cm五連装(酸素)魚雷、61cm五連装(酸素)魚雷
伊19:61cm五連装(酸素)魚雷、61cm五連装(酸素)魚雷
対空カットイン期待値:80%
検証動画
E-6 決戦!南方海域鉄底海峡 甲作戦突破 重1雷2潜3
 録画し忘れ、途中記録しかも毎回録画のせいでメモリ容量不足で途中で録画終了です。申し訳ありません。撃破の瞬間は辛うじて収めております。
撮り直し動画
E-6 決戦!南方海域鉄底海峡 駆1雷2潜3南方棲戦姫撃破
E-6 決戦!南方海域鉄底海峡 駆1雷2潜3 ゲージ破壊
編成
島風:10cm高角砲+高射装置、13号対空電探改、53cm艦首(酸素)魚雷
大井:10cm高角砲+高射装置、FuMO25 レーダー、甲標的
北上:10cm高角砲+高射装置、14号対空電探、甲標的
伊58: 61cm五連装(酸素)魚雷、甲標的
伊168:61cm五連装(酸素)魚雷、61cm五連装(酸素)魚雷
伊19:61cm五連装(酸素)魚雷、61cm五連装(酸素)魚雷
対空カットイン期待値:90%
 潜水艦の攻撃がメインとなるのでこちらの方が速度が優れるのと、夜戦での島風の3回の攻撃チャンスが勝ち目です。
 駆/重1雷2潜3の雷撃特化編成となります。E-5も潜水艦3編成でクリアしていますが編成を比較しますと、
E-5:警戒陣
伊19: 61cm五連装(酸素)魚雷、甲標的
伊58:61cm五連装(酸素)魚雷、甲標的
伊168:61cm五連装(酸素)魚雷、甲標的
島風:53cm艦首(酸素)魚雷、 61cm五連装(酸素)魚雷、22号対水上電探改四
日向:46cm三連装砲、試製41cm三連装砲 、新型高温高圧缶、瑞雲(六三四空)
伊勢:46cm三連装砲、試製41cm三連装砲 、新型高温高圧缶、試製晴嵐
E-6:単縦陣
摩耶:20.3cm(3号)連装砲、53cm艦首(酸素)魚雷、8cm高角砲 、12cm30連装噴進砲
大井:10cm高角砲+高射装置、FuMO25 レーダー、甲標的
北上:10cm高角砲+高射装置、14号対空電探、甲標的
伊58: 61cm五連装(酸素)魚雷、甲標的
伊168:61cm五連装(酸素)魚雷、61cm五連装(酸素)魚雷
伊19:61cm五連装(酸素)魚雷、61cm五連装(酸素)魚雷

 注目して欲しいのは潜水艦の配置位置です。警戒陣基準での配列はE-5配列で最良と考えます。E-6配列は単縦陣基準配列となります。
E-5、E-6各配列の優位性
1 機動力:E-6
2 火力:E-6
3 雷撃の即応性:E-5
4 回避
(1)回避ステータスアップ:E-5
(2)速度、陣形的回避の容易性:E-6
 機動性についてはE-6編成は「潜水艦雷撃」を発令~潜水艦による雷撃の間は艦隊から離脱し一時的に潜水艦を除いた艦隊平均速度となります。これを利用して開幕時、「潜水艦雷撃」を発令、南方棲戦姫に突撃すると3隻による単縦陣でしかも艦隊速度は潜水艦抜きの速度ですので回避容易かつ高速です。移動中に先制雷撃と甲標的の雷撃の先制打撃を与えつつ、潜水艦雷撃前には肉薄できます。あとは近接限界の赤ライン、ドンドン音を維持するように肉薄して砲雷撃を南方棲戦姫に叩き込みます。陣形から回避は容易です。しかしながら、「単縦陣」による機動性向上による回避の容易性ですので「警戒陣」のような被弾した場合の回避の向上はありません。失敗すれば水上艦は大破祭りです。赤い彗星方式です。双方とも一列、3隻で見た目は同じですが、警戒陣は4、5、6番艦ですので被弾しやすいです。
 3 雷撃の即応性についてですが、潜水艦の編成位置により挙動が変化します。
潜水艦が旗艦:近距離では発令後即発動
潜水艦以外が旗艦:現在位置から近接限界の赤ラインまで接近、発動
 となります。このため、潜水艦以外が旗艦の場合も近接限界の赤ライン、ドンドン音を維持するように肉薄していれば即発動します。丁字有利を維持しながら回避しつつ、肉薄はかなりテクニカルです。慣れですのでレベリングがてら3-4辺りで練習すると良いと思います。

 今週木曜日からExtra Operation開始ですが皆様の御健闘お祈り申し上げます。マッチングで邂逅した際はよろしくお願いします。
関連記事
コメント : 0

コメント