艦これアーケード/街道・水路歩き たけやん/ひなたの日記帳

ゲームプレイ&探索記録と考察を少々

【艦これアーケード】『第拾弐回 期間限定海域:偵察戦力緊急展開!「光」作戦』【感想戦】

スクリーンショット (3312) 2022年7月19日2359をもって第拾弐回 期間限定海域:偵察戦力緊急展開!「光」作戦は終了しました。参加提督の皆様はお疲れさまでした。七月作戦は継続しますし、水着modeうみのいえ浮き〇亭の実装もあるでしょうから引き続き頑張りましょう。

全般

 潜水艦による史実作戦がモチーフスクリーンショット (3928) 史実嵐作戦:潜水空母による敵泊地奇襲がモチーフの潜水空母・潜水艦の運用がメインとなる作戦でした。今までの期間限定海域では潜水母艦・潜水艦出撃不可という作戦は多くありましたが、指定枠に潜水母艦というのは初めての事です。今作戦において潜水艦運用について多くの事を学べました。

 敵航空勢力が強力38-58tf.jpg 史実の第38/58任務部隊は、正規・軽空母併せて18隻の強力な航空勢力を有していました。これを反映してか、作戦海域にはヲ級改、ヌ級eliteなどが配備され、被弾すれば即大破ですので道中戦の大きな脅威となりました。

E3出撃に彩雲(輸送用分解済)が必要スクリーンショット (3731) イベント開始前の日次任務で最大42機、イベント開始後に彩雲と引き換えに最大4機入手できる期間限定任務が加わります。彩雲を開発して彩雲(輸送用分解済)を入手するのはボーキサイトの消費が重いので資源30万教の信者には厳しいです。イベント告知された時点では、イベント開始前入手にした彩雲(輸送用分解済)に保有彩雲+αで2周回/日くらいのペースがボーキサイトを大幅に減らさないで出撃できるラインかなと考えていました。普段はどれだけ早く効率的に周回できるかについて注目しますが、今回は彩雲(輸送用分解済)の保有数という足枷があり、日に2周を早朝プレイで1周回、夕方から1周回できると良いなと考えていました。六月作戦中は検証メインで1周回/日、七月作戦から2周回/日のペースでプレイしています。

E1 「光」作戦準備スクリーンショット (3705) 敵航空戦力が強力で1隻程度の対空カットイン艦の投入では未発動が多発して用を成しません。TP25の特効がある潜水艦に航空攻撃を吸引させる算段です。正直な話、コマンダンテストを起用したかっただけの運用案です。コマンダンテストは余りGPでコツコツと砲撃演習を行いケッコンカッコカリした艦娘で結構愛着があるのですが、速度が遅すぎで出番が全く無かったんですよね。トリッキーな編成ですが使い勝手は悪く無いと思います。高確率で道中潜水艦を航空戦で殲滅できるのは大きいです。クリアを急ぐならタシュケント改(ドラム缶)、ベールヌイ(大発)、航巡4(試製晴嵐+ドラム缶)なら道中の航空攻撃を注意すれば、砲撃戦は単縦陣でも航空攻撃を抜けられます。今回は2周回/日という彩雲(輸送用分解済)の制約からそれほど急ぐ必要が無いのでこのような編成となりました。

E2 小笠原諸島哨戒線強化スクリーンショット (3765) TPが880ですので3出撃クリアするには293.33…でマージンを取って300、艦隊の基礎TPを180くらいで達成可能です。この輸送量を維持しつつ、編成・装備を整えるのが難しいですね。第一艦隊の航巡枠に摩耶改二を入れて対空を任せれば秋月改を大発搭載駆逐(三日月改)に入れ替えてTPを稼げます。大発3隻分の余裕でベールヌイや霞改二、朝潮改二に対水上電探を積むと、連合カットインの発動率が格段に上がるのですが、砲撃周期が摩耶改二だけ3カウント遅れて扱い難いので最上型航巡4で7秒周期に統一しています。

道中戦は第三警戒航行序列スクリーンショット (3931) 全速ならば、第三警戒航行序列で航空攻撃は抜けられますが、そのままでは疲労で真赤になりますので疲労抜きが必要です。疲労抜きの停止タイミング誤りや、ここぞの砲雷撃のタイミングで陣形を第四警戒航行序列に切替たものの、撃破に失敗すると航空攻撃に被弾してしまいます。この際は、第二警戒航行序列に切替できれば対空カットインの抜けはほぼ防げます。

駆逐対空カットイン艦についてスクリーンショット (3935) フレッチャー級よりも秋月型の方が対空カットイン発動率は高いのですが、速度がフレッチャー級と比べて3.5㏏も遅く、第三警戒航行序列で航空攻撃を抜ける際にかなり厳しくなります。この場合、旗艦はタシュケント改に変更した方が安全です。スクリーンショット (3937) フレッチャー級の特殊対空CIは3つターゲットサイトが出現し、航空隊撃破も容易ですが、汎用CIの秋月型では難しいですのでカスダメによるTP減少が発生しTPが足りなくなる場合もあります。

苦手なパターンスクリーンショット (3939) ヲ級改とヌ級の連合戦を無事切り抜けても撃破に手間取ると時間が足りず、漂流ドラム缶拾いを強行すると最悪時間切れ、ボス戦に突入できても疲労度が増大した状態での砲撃戦を強いられてしまいます。マップの抽選は同じパターンが続く傾向があるのか、3回連続このパターンというケースが結構ありました。滅多に失敗するものでは無いのですが、15分以上プレイしてボス戦突入前に大破撤退・時間切れといった意地の悪い仕掛けはC2機関の差し金ですね。ブラウザ版の悪意を感じます。

E3 発動!「光」作戦スクリーンショット (3790) 火力キャップが雷撃効果の判定を困難に
 伊13改と伊14改は3スロですので色々なレイアウト試してみましたが魚雷3本積が一番効果があるという結論に至っています。昼戦の雷装キャップ150のせいで与ダメージの差が判りにくく、夜戦に持ち込むとキャップ値が300に跳ね上がりますので効果の上がらない組み合わせでも撃破できてしまいます。ただし、深海双子棲姫戦で戦いが長引くと十一号作戦を彷彿とさせる被弾演出の嵐に見舞われるのでクリア時間が途轍もなく長引くことになります。ここは昼戦でサクっとクリアしておきたい場面ですね。

特効艦がクリティカルの貫通攻撃を発生させるのがクリアの近道スクリーンショット (3915) 艦の練度も影響するのでしょうが、正対する深海双子棲姫に対して真横方向、試製FaT仕様九五式酸素魚雷改2本積(命中+14)の潜水艦雷撃では概ね伊13改、伊14改のクリティカルが発生し一発目で中破、二発目で撃破となります。スクリーンショット (3921) 2021うみのいえ浮き輪亭任務の達成報酬で試製FaT仕様九五式酸素魚雷改が配布されましたが、また何かの機会に配布してくれると嬉しいですね。

関連記事
コメント : 0

コメント