FC2ブログ

記事一覧

関宿水閘門 竣工

 関宿水閘門竣工 昭和2年(1927年)

 寛永18年(1641年)の逆川開削により銚子から常陸川を遡り、赤堀川-権現堂川を経由せずに逆川から江戸川を下り、新川・小名木川を通って江戸に至る水運ルートが完成しました。往時は江戸川流頭部に「棒出し」という流量調節設備が設けられていました。
 説明版の大正期の「棒出し」画像
PB210075 (2)
 水害対策として江戸川の統合的な河川改修工事が明治44年(1911年)から行われ、江戸川放水路開削・河道拡幅といった工事とあわせて関宿水閘門が江戸川の流頭部に建設されました。

 関宿水閘門 茨城県五霞町山王地先 歴史的農業環境閲覧システム
2019-12-05 (2)
 江戸川流頭部の付け替え工事を行い、今までの江戸川流頭部で活躍してきた棒出しに代わり、利根川から江戸川に流れる水量調節と通船を目的に関宿水閘門が建設されました。、大正7年(1918)に着工し、昭和2年(1927)に完成しています。
 なお、昭和3年(1928年)に権現堂川が廃川となり、締切られてからは逆川が江戸川の最上流部となっています。

 国土地理院 衛星/航空写真図最新
関宿水閘門 平常時

①五霞町山王地区 情報・防災ステーションごか 茨城県五霞町大字山王
PB210176.jpgPB210175.jpg
PB210179.jpg
 ここは防災ステーションですが、情報ステーションも兼ねており、展示パネルと休憩所、トイレを備えています。サイクリングロード上にありますので格好の休憩所となっています。現在も拡張工事中ですので通行にはご注意を。

 ②関宿水閘門 五霞町大字山王地先
PB210147.jpg
 関宿水閘門から利根川(北)を望みます。左手水路が閘門で右手が水門の流路となります。
PB210149.jpg
 昭和2年(1927年)完成のコンクリート製水門です。水門には8つのゲートがあります。スートーニー式鋼製ゲートで当時は蒸気エンジン、現在はディーゼルエンジン(発電によるモーター駆動)で稼働しています。
 当時の日本は、大型建造物がレンガ造りからコンクリート造りへと移り変わりつつある時代でした。そのため、コンクリート造りの関宿水閘門は当時の建築技術を知る上でも貴重な建造物です。基礎となる堰柱、翼壁ともにコンクリートが採用されていますが、隅石などには花崗岩の石張りが施してあり、見た目はレンガ造りの水門様式を残しているのが特徴ですね。

 閘門
PB210145.jpgPB210146.jpg
 水門により、利根川と江戸川の水位差があるため閘門が設けられています。幅10m、長さ100mの水路の両端に手動式のマイター(合掌)式鋼製ゲートが設置されています。

PB210157.jpg
 左岸コンクリート壁には過去の増水時の水位が白ペンキで示されていますね。

 台風19号の影響による流木
PB210158.jpgPB210159.jpg
 流木の状況からすると過去の白ペンキで示された水位どころではなく、水閘門を越える水位だったようです。

 ③中の島公園 茨城県五霞町大字山王
PB210162.jpgPB210163.jpg
 関宿水閘門の江戸川左岸側の公園です。流木と土砂の堆積状況から、台風19号の際は高台部分以外は水没したようですね。
 江戸川水位観測塔 白ペンキによる、 S57.82.水位7.54M の記録
PB210164.jpgPB210165.jpg
 過去の記録を大きく上回り、流木が観測塔の昇降階段まで至っています。台風19号の際は下流部の埼玉県春日部市上金崎の首都圏外郭放水路では江戸川への放水を停止せざるを得なくなる水位寸前まで江戸川の水位が上昇したそうですが、流頭部のこの状況を見れば、未曽有の水位上昇であった事が判りますね。

 ④千葉県立関宿城博物館 千葉県野田市関宿三軒家
PB210026.jpgPB210022.jpg
 明治期以降の河川改修前の逆川流路上の高規格堤防上に立地しますので県境に位置します。実際の関宿城の位置よりも上流部に位置します。関宿城、旧関宿町、河川の歴史、産業、文化、自然等に関する資料の収集・保管・調査研究を行う博物館として、平成7年(1995年)11月11日に開館しました。地名の三軒家の由来は洪水被害により、いつも三軒くらいしか住居が残らなかった事によるそうです。

 ③-④中の島公園東側-江戸川左岸流頭部 高水敷
PB210029.jpg
 ④の千葉県立関宿城博物館側から③の中の島公園方向を撮影しています。水の無い河川のように見えますが高水敷となっています。
 
 航空写真図 最新/1988-90
関宿水閘門 平常時-増水時
 1988-90の航空写真図が増水時の撮影でしたので比較で並べてみました。堤防が決壊しているようにも見えますが高水敷ですので仕様です。利根川の水位が関宿水閘門を超えるような場合は高水敷から江戸川に流入する構造になっています。台風19号の際は中の島公園の高台部分以外は水没したようですので利根川、江戸川ともに相当の水位であったのでしょうね。

 旧江戸川流頭部付近(輪中) 歴史的農業環境閲覧システム
2019-12-15 (2)
 往時の向河岸、向下河岸は堤防に囲まれた輪中地域でした。

 ア 往時の向河岸 堤内地 西関宿水位流量観測所 埼玉県幸手市大字西関宿
PB210198.jpgPB210197.jpg
 かつての権現堂川と逆川が江戸川へ流入する突端の地で、棒出しが設けられており、水関所が所在していましたが、大規模な河川改修により往時の景況を想像するが難しい位に流路が変わっていますね。

 イ 往時の向下河岸 堤内地
PB210214.jpgPB210217.jpg
 往時は堤防に囲まれた輪中地域で江戸川水運の河岸として大いに栄えていました。往時の河岸の街並みは河川改修により江戸川河川敷になっています。

 ウ 向下河岸 南堤防 堤外地
PB150645.jpgPB150647.jpg
 往時の輪中南側堤防ですが河川には面していなかった堤防ですね。

 エ 中川上流排水機場 堤外地 埼玉県幸手市大字惣新田
PB150641.jpg
PB150642.jpg
 中央の川は幸手放水路で右手が江川工業団地、左手が幸手工業団地です。右手(北)に権現堂川は流れていました。

 中川(権現堂川)分流点 左手:幸手放水路(権現堂川) 右手:中川(庄内古川)
 埼玉県幸手市大字上宇和田
PB150624.jpg
 締め切られた権現堂川旧流路が概ね幸手放水路となっています。古来の中川とは埼玉県三郷市付近から下流の区間を指しており、これは荒川と江戸川の中間を流れることから、中川と命名されたようです。これより上流部に中川という河川は存在せず、中川に組み込まれた河川は一部新規に開削された流路がありますが、上流から順に宮田落、天神堀、島川、権現堂川、庄内古川、古利根川です。現在の中川の河川範囲は、昭和初期に実施された内務省と埼玉県による河川改修事業によって決定されています。この事業では中川は埼玉県東部地域の内水排水を受け持つ幹線水路として、位置付けられ整備されています。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけやん/ひなた

Author:たけやん/ひなた
 たけやん
 戦史好きからの艦これ提督。ブラウザ版はブイン鯖です。嫁艦(娘)は御覧の通り。最近明石が押しかけ女房となり、家族艦となりました。
 ついに「発動!渾作戦」で嫁艦(改装艦まで)実装となり、喜ばしい限りです。
 なお、無限回収勢でも嫁艦カンスト勢でもありませんので、まったりとプレイして育てる予定です。
 攻略法を紹介するのではなく、「自ら」攻略を「目指す」思考過程を紹介するブログです。皆様の自力攻略の一助となる提示を行えればと考えております。
 ひなた
 アウトドア派です。
 博物館の展示より現地現物の史跡を見るのが大好きです。
 街道・水路巡りのテーマは松尾芭蕉が求めた「不易流行」です。

カテゴリ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

掲示板にようこそ